会社を知る
新入社員研修

C-COMの新入社員研修は、4月から3か月間実施します。
学生から社会人への意識改革を中心に、“報・連・相”などの仕事の進め方や、プログラミングの基礎などを3STEPで学びます。

STEP1 社会人としての自覚・仕事の基礎を学びます。 STEP1 社会人としての自覚・仕事の基礎を学びます。
STEP1

社会人としての自覚・仕事の基礎を学びます。

社会人として意識を高め、ビジネスの基礎を身につけます。学生と社会人の違いを具体的に考えることからはじめ、社会・職場のルール、ビジネスマナーを学びます。また、考え抜く力(シンキング)・チームで働く力(チームワーク)・前に踏み出す力(アクション)という3つの能力「社会人基礎力」を身に着けることを目的とした研修を実施します。

STEP2 SEとしての基礎技術を習得します。 STEP2 SEとしての基礎技術を習得します。
STEP2

SEとしての基礎技術を習得します。

「情報処理技術者試験」という資格試験の学習を行い、ITの基礎知識を習得します。また、先輩社員が講師となり、アルゴリズム・プログラミング言語の文法等システム開発の基礎を学びます。JA共済との合同研修となり、相互交流の場にもなっています。

STEP3 職場配属前の準備をします。 STEP3 職場配属前の準備をします。
STEP3

職場配属前の準備をします。

先輩社員が、業務内容や職場の雰囲気を伝え、配属後の職場をイメージしてもらいます。また、新入社員・新人指導員・メンターが集い、役割と責任の明確化、信頼関係の構築を目的に合同研修を行います。

VOICE
新入社員研修を受けた先輩社員の声

日々わからないことの連続で大変でしたが、「やればできる」という自信が芽生えたことが、一番の収穫でした。

C-COMならではの研修をしていると実感できました。同じ業界に勤めている友人の話を聞いて比較してみても、配属後の仕事に役立つとても中味の濃い研修だと感じます。

POINT
一人一人の成長が
会社の成長につながります
C-COMは全社で、新入社員の皆さんが成長できる環境づくりを支援しています。
新入社員研修では「何のために作業するのか」など、背景や目的を理解しながら自分自身を磨き続ける土台をつくります。